ベルブラン ニキビ

ベルブランはニキビにも効果あるの?口コミから真相を検証!

 

ベルブランはニキビ跡やニキビ染み専用の化粧水として、人気の商品です。しかしベルブランの口コミを見ていると、ニキビにも効果があったというものが、多数見られます。ここではベルブランがニキビにも効果があるのかを、成分などから検証していきます。

 

ニキビの女性

 

商品のスペックを確認する! ⇒ ニキビ跡専用化粧水ベルブランはこちら

 

ベルブランのニキビの効果に関する口コミを、いくつか紹介します。

 

女性(32歳) ニキビの予防効果あり?

 

ベルブランを使い始めて、3週間ほど経ちました。ニキビ跡はまだ改善されませんが、新しいニキビができなくなったので、ニキビの予防効果あり?かなと思います。このまま使い続けてれば、ニキビ跡にも効果があるのかなと思います。

 

女性(34歳) 新しいニキビができにくい!

 

顔全体にニキビがあって、殺菌作用のあるニキビ治療薬は、刺激が強くヒリヒリします。そんな私にもベルブランは刺激が少なく、使うことができます。ニキビやニキビ跡は消えていませんが、新しいニキビができにくい感じはします。

 

女性(24歳) 保湿力が高い!

 

ベルブランは保湿力が高く、肌の乾燥を防いでくれます。ニキビもできなくなり、肌荒れしなくなったのは嬉しいです。

※個人の感想です。

 

ベルブランのニキビの効果に関する口コミで多いのは、ニキビが治るというよりは、新しいニキビができにくくなる予防効果のようです。

 

そして、そのニキビの予防効果に関係していると思われるのが、ベルブランの保湿力の高さです。

 

ベルブランの成分を調べてみると、スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、カモミラエキス、エクトインなど、保湿成分が豊富に使われていました。

 

また肌のバリア機能をサポートするセラミドVや、敏感肌の保護をするカンゾウ葉エキスも配合されています。

 

これらの成分が肌を保湿しバリア機能を高めて、新しいニキビをできにくくしていることが考えられます。

 

また保湿は肌荒れなど、肌トラブルの予防にも役立ちます。

 

ベルブランの使用感として、肌にヒリヒリとした刺激がないという口コミも、注目すべき点です。

 

多くのニキビ治療薬や石鹸などは、アクネ菌などニキビの原因菌を殺菌する成分が、含まれています。

 

これらの殺菌成分は肌に刺激を与え、ヒリヒリを痛みを感じることがあります。

 

特にニキビができやすい人は、敏感肌など肌が弱い人が多いです。

 

ベルブランはその様な肌が弱い人でも、安心して使える化粧水のようです。

 

それに殺菌というのは、ニキビにとってはマイナスに働くこともあります。

 

なぜなら肌には健康を保つために必要な、善玉菌もいるからです。

 

肌を殺菌してしまうと、悪玉菌も善玉菌も両方殺してしまいます。

 

肌の殺菌をすることで肌トラブルを起こすのは、この様な理由からです。

 

しかしニキビなどで肌が敏感な人は、ベルブランが自分の肌に合うのか、不安に思う人も多いでしょう。

 

そんな肌が弱い人に便利なのが、初回限定のキャンペーンです。

 

ベルブランの初回限定キャンペーンは、通常価格7,280円が特別価格980円になるだけでなく、パッチテストが5日分付いているのです。

 

つまりパッチテストで異常があった場合は、商品を返品すれば返金してもらえるので、安心して始められます。

 

ただし毎月300人限定で募集しているので、定員に達した場合は応募できません。

 

興味のある方は定員に達する前に、下のリンクからベルブラン初回限定キャンペーンに移動して、詳細を確認してください。

 

 

詳細を確認する! ⇒ ニキビ跡専用化粧水ベルブラン お得なコースはこちら

 

ニキビを保湿で予防できるのはなぜ?

 

ニキビや吹き出物は脂性肌の人に、できやすいイメージがあるかもしれません。

 

しかし乾燥肌も、ニキビの原因になります。

 

ニキビには大きく分けて、思春期ニキビと大人ニキビがあります。

 

思春期ニキビは成長期に、皮脂量が増加して毛穴が詰まることで、できやすくなるニキビです。

 

ですから思春期ニキビは、顔のTゾーンの皮脂分泌が多い場所に、できやすくなります。

 

これに対して大人ニキビは、乾燥が原因になります。

 

乾燥しやすいのは、皮脂の分泌が少ない頬から顎にかけたフェイスラインです。

 

大人ニキビは、このフェイスラインにできやすくなります。

 

ベルブランのように、高保湿でニキビの予防効果が期待できるのは、乾燥が原因の大人ニキビでしょう。

 

ベルブランの口コミで、ニキビができにくくなったと言っている人も、20代や30代以上の方がほとんどです。

 

 

肌の乾燥はニキビの大敵!

 

それでは肌の乾燥で、なぜニキビができやすくなるのかを、簡単に説明していきます。

 

肌は乾燥することで、以下の3つのニキビをできやすくする要因を招きます。

 

・バリア機能の低下
・毛穴が詰まりやすくなる
・皮脂の過剰分泌

 

バリア機能の低下

 

健康な肌の表面は、角質細胞の間が水分で満たされて、その表面を皮脂膜で覆われています。

 

これが肌を守るバリアの機能を、果たしています。

 

しかし肌が乾燥するとバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱くなります。

 

するとアクネ菌などニキビの原因菌も、侵入しやすくなってしまうのです。

 

 

毛穴が詰まりやすくなる

 

肌が乾燥してバリア機能が低下すると、肌を守るために角質層が厚くなっていきます。

 

角質層が暑くなると毛穴を圧迫して、皮脂や角栓が詰まりやすくなります。

 

そこでニキビの原因菌が繁殖して、炎症を起こすとニキビになります。

 

 

皮脂の過剰分泌

 

肌が乾燥してバリア機能が低下すると、皮脂が過剰分泌されます。

 

これは肌の表面を、保護しようとして起きる現象です。

 

過剰分泌された皮脂は、毛穴に詰まりやすくなります。

 

これが乾燥肌で、ニキビができやすくなるメカニズムです。

 

 

保湿でニキビを予防する!

 

ここまで読んで頂けた方は乾燥がニキビの原因となり、保湿することでニキビの予防になることが、お分かり頂けたのではないでしょうか。

 

毎日のスキンケアで肌を保湿することで、バリア機能を高めることが大事です。

 

そして肌のバリア機能の鍵となる成分が、ベルブランにも配合されているセラミドです。

 

セラミドというのは、肌の角質細胞の間を埋める細胞間脂質で、水分を保持する機能があります。

 

つまりセラミドが十分にあれば、肌に水分を保持することができて、バリア機能を高めることができるのです。

 

バリア機能が高まれば、皮脂の過剰分泌もなくなり、ニキビの原因菌侵入しづらくなり、ニキビの予防になるのです。

 

 

肌のタオンオーバーの促進でニキビ予防!

 

ベルブランがニキビ跡やニキビ染みを薄くしていく効果は、肌のターンオーバーを促進することがあります。

 

肌のターンオーバーとは、一定のサイクルで肌の細胞が、生まれ変わることです。

 

肌細胞は肌の奥底の基底細胞で生まれ、肌表面へと押し上げられていくのです。

 

つまりニキビ跡やニキビ染みのある肌を、新しい細胞へと生まれ変わらせていくんですね。

 

そしてこの肌のターンオーバーの促進は、ニキビ予防にも効果があると言われています。

 

なぜなら肌のターンオーバーが滞ってしまうと、古い肌細胞がいつまでも肌表面に、残ってしまうからです。

 

古くなった肌細胞は老廃物となり、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。

 

そして詰まった毛穴の中でバイ菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビになります。

 

つまり肌のターンオーバーを促進して、古い肌細胞が残らないようにすることが、ニキビの予防になるんですね。

 

また肌のターンオーバーを促進するには、ベルブランなどを使ったスキンケアも大事ですが、栄養のバランスの取れた食生活や睡眠も大事です。

 

食事ではビタミン類やタンパク質などを摂取して、肌の内側からもケアするように心掛けましょう。

 

そして肌細胞は、寝ている間に生まれ変わります。

 

最低でも1日に8時間以上の睡眠時間を確保して、肌のターンオーバーを滞らせないようにしましょう。

 

 

ベルブラン